三遊亭楽天の本棚

落語家・三遊亭楽天がお薦めの一冊をご紹介!

水野良『ロードス島戦記1 誓約の宝冠』

待ちに待った『ロードス島戦記』の12年ぶりの新刊が出た。
『ロードス島戦記1 誓約の宝冠』である。
IMG_8906
パーンやスパークたちが活躍していた時代から100年後のロードス島が舞台。

魔神戦争、英雄戦争、そして邪神戦争を経て諸国の王たちはロードスの騎士パーンの立会いのもと、平和的に会議にて話し合いを行っていた。
時の大賢者ウォートが、諸王たちに祝いの品として持参した9つの魔法の冠「誓約の宝冠」。
この冠を戴いた王は魔力により他国に攻め込む事が出来なくなる。誓約を破ると呪われるのである。
諸王たちはこぞってこの冠を戴いたが…。

…これ以上詳しく書くとネタバレになってしまうので書けないが、100年後でもロードス島はちゃんとロードス島なので、往年のファンにこそ読んで欲しい一冊。
シリーズとして続くので、これからが楽しみである。

神秋昌史(原作:EJIN研究所)『ハコオンナ』

かみさんと2人でハマっているボードゲームがある。
それが『ハコオンナ』(EJIN研究所)である。

ハコオンナと呼ばれる哀れな少女の怨霊が潜む恐怖の館が舞台である。
プレイヤーは、ハコオンナ役のプレイヤー1人と訪問者役のプレイヤーたちとに分かれる。
ハコオンナ役のプレイヤーは、訪問者を1人残らず殺すのが目的で、訪問者役のプレイヤーは恐怖の館から無事生還するのが目的である。
ハコオンナの館から生還するには、三つの方法がある。ハコオンナを討伐するか、ハコオンナを成仏させるか、秘密の脱出口から逃げ出すか。
館のあちこちに物陰がある。ハコオンナはこの物陰に隠れている。彼女は訪問者たちを鬼に見立てた「かくれんぼ」をして遊んでいるのだが、ハコオンナが隠れている物陰を覗き込んでしまったが最後、ハコオンナに殺されてしまうばかりか、ハコオンナの手下・ハコビトに成り果ててしまう…。
物陰にはハコオンナを討伐、成仏させる為に、又、館から脱出する為に必要なアイテムなども隠されている為、覗かない訳にはいかないのだ…。

この恐ろしくも楽しいボードゲームが、小説になった。
それが神秋昌史先生・著『ハコオンナ ─小説版─』(マイクロマガジン社)である。
IMG_5473
ゲームのノベライズというと、中にはタイトルばかりが同じで内容が伴わないものもあるが、この『ハコオンナ ─小説版─』は見事にゲームを小説に落とし込み、かつ小説オリジナルの設定が、物語に深みを与えている。
ゲーム上での設定や処理が小説でどの様に表現されるのか…。ゲームのノベライズはそこが最も楽しみな箇所だが、『ハコオンナ ─小説版─』は実に巧みに再現されており、実際に自分がハコオンナの館に閉じ込められた様な気分になり、読んでる間中、家の中にある物陰が怖く感じた。

これからの蒸し暑い季節、恐ろしくも面白い『ハコオンナ ─小説版─』で涼んでみては如何だろうか?
ゲームを実際に遊んだ事がある人はもちろん、ゲームを遊んだ事が無い人でも十二分に楽しめるホラー小説なので、読後にはゲームでも遊びたくなる事うけあいである。

ハコオンナ ―小説版―
神秋昌史
2018-05-23


ハコオンナ 第四版
EJIN研究所
2017-12-08

蝸牛くも『ゴブリンスレイヤー』シリーズ

蝸牛くも先生の『ゴブリンスレイヤー』が、非常にTRPGっぽくて面白い。
IMG_4789
主人公はゴブリンスレイヤー(小鬼を殺す者)とあだ名される只人(ヒューム)の戦士。
この作品世界のゴブリンは非常に厄介な魔物で、子供くらいの力しか無いのだが、徒党を組んで人々を襲う。作物や家畜を盗んだり、女子供を攫ったりする。攫われた人々の運命は非常に陰惨なもので、文字通り玩具にされた挙句に殺されたりする。
そうしたゴブリンどもを専門に鏖殺して廻る男が、ゴブリンスレイヤー。彼は銀等級という高いレベルの冒険者だが、ゴブリン退治のみを請け負っている。彼の関心事はゴブリンを殺す事、ただそれだけ。
角の折れた古びた鉄兜、鎖帷子を下に着込んだ皮鎧、中途半端な長さの剣と小さな丸盾が彼の装備。魔法の武器などの強い武器や防具はゴブリンに奪われた時の事を考えて使わない。

この作品の特徴として、まず人物に具体的な名前がついていないというのが挙げられると思う。
ゴブリンスレイヤーはあだ名だし、他の登場人物は牛飼娘、女神官、受付嬢、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶…といった塩梅。しかし、読んでいてこれによる不自由は感じない。

また、所々に往年のファンタジー好きやTRPGユーザーがニヤリとする仕掛けが散りばめられており、元ネタがわかる人にとっては思わずニヤリとしてしまう。
例えばレーアという小人の種族が登場するのだが、レーアは圃人とも表記される。圃人をホビトと読むと、ホビットの事かしら?とも読める。
他にも魔法の使用回数が決まっている辺り、『Dungeons & Dragons』を彷彿とさせるし、全体的な世界観は『ソード・ワールドRPG』の様だし。
妖精弓手がゴブリンスレイヤーの鏖殺手段にダメ出しをする辺りは、マンチキンプレイヤーを叱るプレイヤーの様で面白かったり。
こうしたネタが無数に散りばめられているので、往年のファンタジー好きは懐かしさすら感じる事と思う。
IMG_4788
現在は小説が7巻とコミックスが4巻、外伝が小説とコミックスがそれぞれ1巻ずつ出ており、今後はテレビアニメ化とTRPG化されていくという事なので、目が離せない(テレビアニメ化の際にゴブリンの悪虐な振る舞いはどう表現されるのだろうか?という心配はさておき…)。


ゴブリンスレイヤー (GA文庫)
蝸牛 くも
SBクリエイティブ
2016-02-25

ギャラリー
  • 水野良『ロードス島戦記1 誓約の宝冠』
  • 神秋昌史(原作:EJIN研究所)『ハコオンナ』
  • 蝸牛くも『ゴブリンスレイヤー』シリーズ
  • 蝸牛くも『ゴブリンスレイヤー』シリーズ
  • 水野良『ロードス島戦記』シリーズ
  • 千葉暁『聖刻1092』シリーズ
  • 私の本棚。